2021年9月1日

当社が撤去設計を行った新川尻橋の撤去工事が行われました(続報)

当社が撤去設計を行った新川尻橋が、令和2年11月18日の上部工の解体作業を経て、去る令和3年8月23日に橋脚部が発破工法にて撤去されました。

今回撤去された新川尻橋は、平成30年10月に国道417号の揖斐川町東横山~鶴見間を結ぶ横山鶴見バイパス1.3kmが開通し、奥いび湖を跨ぐ新たな橋(川尻橋)が供用開始されたため、その役目を終えました。

当社では、平成19年度の横鶴バイパス道路概略設計から調査・測量、予備・詳細設計を担当し、今回の新川尻橋の撤去計画も立案しました。

発破工法による新川尻橋(橋脚部)撤去工事の様子

関連記事:当社が撤去設計を行った新川尻橋の発破を使用した撤去工事が行われました。

TOP